医療事務に人生を賭けるなら資格を取ろう!

レディー

ベストな学校で学ぼう

男性

医療系の専門学校は他の分野より就職などの面で優れているので堅実な選択だと評価できます。ただ、学ぶ価値があるのかを見極める必要があるので、オープンキャンパス等を利用して確認してください。医療系は高いスキルを身につける必要があるので、実習の時間が多くある専門学校が良いと思われます。

もっと詳しく

病院で働くための学校

看護師

看護師になるには、専門学校に通う事が一般的なルートです。大学で学ぶ方法もありますが、やはり専門学校のほうが人気があります。それは、学費が安く、より実践的な勉強を身につけられるからです。奨学金制度もあるので、学生にとってメリットが多く、人気です。

もっと詳しく

深い知識と将来のためには

女性

看護師になるには専門学校と大学に通い卒業することで国家受験資格がもらえますが、大学では保健師や助産師、養護教諭の受験資格を手にすることも出来ます。また、卒業後の就職やさらに学びたいという人にもメリットは大きく、看護師として、医療従事者として将来を真剣に考えている人にはおすすめです。

もっと詳しく

通信教育でキャリアアップ

ウーマン

子育てとも両立しやすい

高齢化に伴い、医療のニーズが高まっているので、医療事務の求人数も増加傾向にあります。医療事務の活躍の場は、大型の総合病院や、公立病院、個人経営の診療所など様々です。多くの病院は、土日祝日は休診日となるので、子どもが休みの時は家にいたいと思っている人にぴったりで、子育てと両立している女性スタッフもたくさんいます。医療事務は、特別な資格や経験がなくても始めることのできる仕事ですが、専門の資格を持っている方が、採用に有利となります。特に、交通の便がいい病院、新しい病院の求人は人気が高いので、資格を持っていることが前提となる場合もあります。雇用形態も様々で、フルタイムの正社員や、短時間のパートなどの中から自分に合ったものを選ぶことができます。

自宅でも勉強できる

医療事務の資格は、10種類ほどあります。大手の通信教育では、様々な医療事務の資格講座が開講されています。医療事務の資格取得を目指すのは、女性が多く、家事や子育てと両立させながら勉強をしている人もいます。通信教育講座では、短時間でも続けやすいようにテキストやカリキュラムが工夫されているので、忙しい人でも安心して始めることができます。医療事務の資格の中でも、「診療報酬請求事務能力検定試験」は、医療機関からの評価が高いハイレベルな国家認定資格です。診療報酬請求事務能力検定試験は、複雑な診療報酬の計算を、正確に素早く処理できる能力を示すものです。他の資格よりも難易度は高いですが、資格の取得によって待遇がよくなる場合もあるので、キャリアアップにおすすめです。